【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある

続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。 自治体でも太陽光発電の助成金制度が導入されていますが、制度を実施している自治体の数はまだ限られています。
まずは国の導入助成枠が無くなってしまった際には、自治体で申請可能な助成制度が無いかを事前に確認しておきましょう。

 

太陽光発電の助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が完了してからシステムの稼働開始後に可能となります。
なのでJ-PECへの申込が受理されることが無かった場合でも、自治体助成金の申請に間に合うこともあります。

 

国の助成金制度とは別に太陽光発電システム以外にエコキュートと呼ばれているモノもありますので検討してみてください。
また他の省エネ設備と一緒に設置しなければいけないという自治体も中にはあります。



【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もあるブログ:22/8/05

子どもを育てている時、
オレはしょちゅう、
揺れ動いていたような気がします。

「子どものライスを作る」という場面でも…

子どもが喜ぶ顔を見たくて、
子どもの好物をメニューに加えたり

少しでも健康で元気に毎日を過ごしてほしくて、
栄養のバランスを考えたり…

食べる事の後に、
ビタミンが摂れるようにと果物を用意したり…

それらを、
とってもワクワクしながら出来る日もあれば、

毎日の事となってしまって、
ただ、なんとなく仕方がないからやってるってこともあったり…

手作りのものを作ってやらないと
悪いお母さんになった気がして、作ったり…

コンビニでお弁当を買ってくることに、
とっても罪悪感を感じてしまうから
仕方がないから作ろうと思って頑張ってみたり…

そんな事って、たくさんあったんですよね。

どれもこれも、人間ですから、
持ってしまう感覚だったり感情だったりします。

良いとか悪いとかでは無くて、
そんな事もあってOKなんでしょうけど
「与える」って状態で居たほうが、
子どももオレもとっても「楽」なんですよね。

例えば…
「今日のライスは、イマイチ…」とか言われても、

「与える」って感じの状態だったら、
「そう?味加減?どうしたら良いと思う?」と聞いてみたり
次の日は、こんな風にしてみようかな〜と工夫が生まれます。

でも、仕方なく
「作らねばならない!」と思いながら作った料理で
「イマイチ…」って言われると
「なに〜!こっちも頑張って作ったのに!!」と
怒りを感じてしまう…なんて事もありました。

日常のこんなほんの些細な事でも、
オレはそうでしたから
仕事や社会との関わりとか、色んな場面で
この揺れる感覚は、本当にたくさんありました。


ホーム サイトマップ