【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる

企業の太陽光発電は当然のこと、最近では一般家庭における太陽光発電の設置が行われています。
太陽エネルギーで作られた自然エネルギーは、電力会社に売ることも出来るので大変オトクで便利なのです。 太陽光発電は売電分が丸々利益になるということは無いとしても、いくらかの収益が出ることは当然あります。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。

 

電池モジュールも一緒に設置されることになるので、毎月最低いくらの儲けが見込むことの出来るという計算はすることが出来ます。
ただし天候に左右される場合もありますし、生活スタイルによっても大きく変わってくるのです。

 

太陽光発電を導入される時に余裕のあるシステムにしておくことで、買電と売電の差が無くなることはよくあることです。
現在の固定買取制度の売電単価でしたら、買いと売りが逆転し儲けを出すことが出来ます。



【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられるブログ:22/8/16

減量に励んでいても
「体重が落ちなくなった…」
ということは誰にでもあります。

ここで多くの人がやってしまうパターンが、
さらに摂取カロリーを減らしてしまうことです。

これをやってしまうと、
代謝も極端に低下して、よりからだの脂肪が落ちなくなります。
摂取カロリーを減らしすぎるのは
減量には逆効果になるので、
絶対にやってはいけません。

からだの脂肪が減らなくなる一番の原因は、
からだが摂取エネルギーの減少に適応してしまうことです。

なので、
ご飯の摂り方に変化をつけることが
減量効果を上げるのです。

多くの人は、
摂取カロリー量を制限する場合、
「減らすこと」しか頭にありませんが、
実は「増やすこと」が大きなポイントとなります。

例えば…
24時間1500キロカロリー食べている場合、
一週間のうち二日間、
摂取カロリーを200〜300キロカロリー程度増やします。

この時、
炭水化物でカロリーを増やすのがポイントとなります。
おにぎり1〜2個程度のごはんを
いつもより多く食べるようにするのです。

二日間、炭水化物でカロリーを増やしたら、
またもとのカロリー量に戻します。

5日間は1500キロカロリーで、
二日間は1800キロカロリー摂る、そしてまた1500キロカロリーに戻す。
このようなサイクルで食事を摂ります。

こうしてカロリーを増減したご飯を行うことで、
エネルギー・レベルを高く保つことができるので
炭水化物を常に制限している場合よりも、
速いスピードでからだの脂肪を落とすことができるのです。

減量ではカロリーを「減らす」だけではなく、
時には「増やす」ことも重要なポイントとなるのです。


ホーム サイトマップ